ニキビ 治す方法

ニキビの予防と治療についての基礎知識について

思春期の頃から大人になる現在までニキビに悩まされていた私が、ひょんな事から皮膚科医と出会いました。彼から聞いたニキビの治し方など様々な情報を発信することによって、ひとりでも多くの人がニキビから解放して欲しいと思います。
参考にしていただきニキビ改善に役立てていただければ幸いです。

 

 

思春期になると多くの人がニキビに悩まされることになるのですが、ニキビの原因には肌質が関係します。特に思春期にできるものにはその傾向が強いと言われ、オイリーな肌を持つ人は、頻繁にできるニキビに悩まされることになります。

 

また、思春期にニキビができなかった人でも、中年期になると「大人ニキビ」ができてしまう場合も多々あります。肌質は両親からの遺伝によって受けつぐため、抜本的な改善は難しいとも言われて諦める方も多いようですが、決して改善できないことはありません。

 

まず、食生活の改善によってニキビの発生を抑えることができます。ビタミンCが豊富なピーマンのような緑黄色野菜、レモンやミカン等の柑橘類、あるいはサプリメントをきちんと採ることでニキビの発生を効果的に抑制することができます。しかし、食生活の改善でも限界があります。

 

顔の表皮が余分なアブラで汚れていると、そこからニキビが発生してしまうのです。したがって、正しい洗顔で皮脂を洗い落とすことが重要です。ニキビ予防用の洗顔剤を使うとより効果的にニキビの発生を予防することが出来ます。それでも出来てしまった場合には、一刻も早くも直すことが大切です。

 

ニキビが出来た時には、ニキビ専用の薬などを丁寧に塗って、ニキビをそれ以上大きくなるのを防ぐ必要があります。そしてなるべくニキビに触らないようにすることも大切です。

 

 

皮膚科医から聞いたニキビと乾燥対策

 

若い時には随分とニキビに悩まされましたが、社会人になるとそんなニキビもすっかり消えて「やっぱりニキビは青春のシンボルなんだ」と思ったものです。
ところが中年になった私がニキビに悩まされるようになったのです。「お肌は脂っぽくもないし、甘い物や油物はそんなに食べないのにどうして。」そう思いながらも必死に洗顔をしていました。

 

その頃に出会ったのが皮膚科で働いた医師でした。彼から話で年齢が上になってからのニキビの原因はホルモンバランスの崩れや、乾燥肌だと指摘されました。
それまでは脂で毛穴が詰まってニキビができるのかと信じていましたが、そうではなかったのです。

 

加齢により肌が乾燥してくるとお肌のターンオーバーがうまく作用しなくなり、ニキビの原因になるそうです。つまり、ニキビケア、治し方として必要なのはお肌を乾燥させないようにして、ターンオーバーを促進させることなのです。

 

大人になってからのニキビで悩んでいる人は浸透性や保湿力に優れているコスメを選ぶのが大切なポイントになります。コスメ以外にも洗顔料や化粧水などニキビ専用に開発されたものを使うことが大切。ニキビの洗顔ランキングなどを参考に自分に合う洗顔料をお選び下さい。

 

また睡眠不足やストレスもお肌を乾燥させる原因になります。お肌の為には精神を安定させるように努力することが望ましいとの事でした。
もちろん食生活の乱れもお肌の乱れに直結するので、バランスがとてれいる食事を規則正しく食べる事も忘れてはいけません。

 

ちなみに私は皮膚科医から教わり肌の乾燥対策をするようになってから、ニキビの悩みも減りました。